中学校「キャリア教育」実践事例集

 

 

T 中学校における「キャリア教育」の在り方について

1 キャリア教育とは何か −キャリア教育の必然性と意義−

2 学習指導要領におけるキャリア教育

3 中学校におけるキャリア教育

4 キャリア教育推進のために 〜校内組織の整備、学校・家庭・地域との連携〜

5 キャリア教育推進のために 〜全体計画・年間指導計画の作成〜

6 キャリア教育推進のために 〜評価〜

 

 

U 実践事例

≪国語≫
話題や方向を的確に捉え、根拠を明確にして話し合う(第1学年

・文章から情報の伝え方を学び、相手の求めていることを考えて伝えようとする(第2学年)
≪社会(地理的分野・歴史的分野)≫

・世界各地の人々の生活と環境との関係を考える(第1学年)

・歴史上の人物の生き方を通して、自らの生き方を考える(第2学年)

≪数学≫

・平方根の近似値を簡単に求める方法を、既習の学習内容をもとに、相手に分かりやすく説明する (第3学年)

≪理科≫

・科学的に探究する能力の基礎や態度を育てる(第1学年)

・エネルギーの変換と損失から、生活や社会における有効利用について考える(第3学年)

≪音楽≫

・日本の伝統音楽と西洋音楽の歌声の特徴を比較して、それぞれの音楽がもつ多様性を理解し味わう(第2学年)
≪保健体育≫
互いに関わりをもちながら、できた喜びと、共に運動する楽しさを味わう(第1学年)

≪美術≫

・自分たちが住んでいる地域を知り、地域のよさ、誇りについて考える(第2学年)

≪技術・家庭≫

・情報に関する技術が社会に果たす役割と影響について考える(第2学年)

≪英語≫

・キャリアプランニング能力とのかかわりを意識した単元構成の在り方(第2学年)

・積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育てる(第3学年)

≪総合的な学習の時間≫

・よりよく生きることの意義や人の役に立つ喜びを理解し、自分の生き方を考える(第1学年)

≪道徳科≫

・友達の尊さを理解して心から信頼できる友達をもち、互いに励まし合い、高め合う(第1学年)
自己を見つめ、自己の向上を図るとともに、個性を伸ばして充実した生き方を追求する(第3学年

≪特別活動≫

・職場体験学習から働くことの意義を理解し、自分のよさや課題点を見いだす(第2学年)

 

 

 

 

 


岐阜県教育委員会