<実践事例1>  【ページ】   2、3    (PDF)

小学校 算数科 第3学年「小数」

     〜小数のたし算とひき算〜

基礎的・基本的な知識・技能の確実な定着を図るために

  ★全体で確認した考え方や計算方法の理解を深める第2問題を位置付けた

指導計画

 ★単元の指導内容に関わる児童の実態の把握と分析 

 ★単位時間の学習活動の工夫,個に応じた指導・援助の在り方 

 

<実践事例2> 【ページ】  2〜4   7、8  (PDF)

 小学校 算数科 第3学年「かけ算のひっ算」

    〜単元末のれんしゅうの時間の工夫〜

基礎的・基本的な知識・技能の確実な定着を図るために

  ★単位時間に習得する知識・技能を明確にした指導計画

  ★単元末に位置付ける練習の時間における学習活動の工夫 

  ★個の学習状況に応じた学習プリントの作成

 

<実践事例3> 【ページ】  2、3 4〜7  9、10  (PDF)

 中学校 数学科 第1学年「1次方程式」

    〜方程式の利用の演習〜

基礎的・基本的な知識・技能の確実な定着を図るために

 ★単元における演習の時間の在り方

  ★個の学習状況に応じた問題の作成  

★実態分析をもとにした指導の工夫,つまずきに応じた手だてを明確に

した指導計画の作成 

 

<実践事例4>   【ページ】   3、4 5〜7 (PDF)

中学校 数学科 第3学年「相似と比」

    〜相似条件の利用2〜

基礎的・基本的な知識・技能の確実な定着を図るために

★単元を貫く課題を設定し,学習内容の構造と生徒の意識の変容を明ら

かにした単元構想図の作成

  ★習熟度別少人数指導を位置付けた授業展開の在り方  

  ★課題解決に用いる既習の知識・技能を明らかにした指導計画の作成