授業改善アクションプランのメニューページへ戻る 

学力向上総合推進事業・授業改善アクションプラン

農 業

 

 

「授業改善委員会」(委員9名)を組織し、次のとおり研究活動を進めました。

 

1 目的

                                            

専門分野の基礎的・基本的な知識、技術を確実に身に付けさせるため、指導方法の研

究・開発を行い、その成果を県内の農業関係高校に普及する。

 

2 内容

                                            

新しい学習指導要領において、新設された科目や実践的な取組の導入された科目につ

いて、学習指導要領改訂の趣旨を生かした指導方法の研究・開発を行う。

 

 

<平成2年度 研究実績>

 

今年度は、原則履修科目である「農業と環境」(新設科目)において、各学科に応じた学習内容や評価規準を検討するとともに、活用しやすいシラバス、言語活動の充実を図った学習指導案の作成に取り組みました。

             

以下に、作成したシラバス及び学習指導案の一部を掲載します。

 

 

「農業と環境」 シラバス

 

@ A4片面 簡易版 (トウモロコシとダイコンの栽培)

 

A A4両面 詳細版 (イネの栽培)

 

「農業と環境」 学習指導案 (育苗)