授業改善アクションプランメニューへ 授業改善アクションプランのメニューページへ戻る

学力向上推進事業・授業改善アクションプラン

数 学

数学科では、次の目的を実現するために、4人の委員で構成する授業改善委員会を立ち上げ、授業改善の研究を進めています。

<目 的>

数学的活動指導実践集などの成果を基に、新学習指導要領のねらいを具現する教材及び指導方法の研究・開発を行い、その成果を県内の高等学校に普及する。


  1. ※委員の先生方の一覧はこちらです。H27メンバー
  2. ※岐阜大学教育学部佐藤正寿助教にも委員に加わっていただき、いろいろと御指導をいただきました。

<平成27年度 研究実績>

平成19年度から平成21年度まで授業改善委員会において研究してきた「考える力を育成する数学的活動を取り入れた授業」の成果を踏まえ、平成22年度以降は、「生徒の主体的な活動を促し、数学のよさを認識できる課題学習」について、研究を行っています。

本年度は、特に「関心・意欲・態度」及び「数学的な見方や考え方」の評価規準を設定した数学的活動を位置付けた授業展開と評価について、研究を行いました。その成果を以下に掲載します。



1 ICT利用で生徒が主体的に学べる授業 ~等差数列の和を中心に~

等差数列の和の公式の知識や技能を確認しながら、連続する10個の自然数の和の規則性についての考察、及びカレンダーの中にある等差数列の発見とある手順に従って選んだ4つの数字の和の不変性についての考察をさせた。その考察の検証部分においては、ICTを活用して視覚的に捉えさせ、生徒が主体的に学び検証していくような活動を取り入れることで数学への関心や意欲を高め、継続することを狙いとした。


  1. ※ファイルをダウンロードする場合は、アイコンを右クリックしてメニューを出し、「対象をファイルに保存」をクリックしてファイルを保存してください。
単元指導計画・学習指導案ワード
学習プリントPDF
 
  トップへ戻るこのページの先頭へ戻る  
 

2 問題解決型のアクティブ・ラーニングの試み ~大学入試問題を教材として~

数学Ⅱにおける「二次方程式の解の存在範囲」の学びについて、問題解決型のアクティブ・ラーニングを提案した。二次方程式の解については、数学Ⅰ「二次関数」と数学Ⅱ「いろいろな式」で学習するが、それぞれの学びのつながりは意識できていないと思われる。そこで、この実践では高校数学の内容を包括的に扱い、様々な角度から解決に接近できる教材として大学入試問題を扱い、グラフを利用する解法と解と係数の関係を利用する二つの解法のつながりを意識させることで、これらの統合的な理解を、より発展的な課題の解決につなげることを目指した。


  1. ※ファイルをダウンロードする場合は、アイコンを右クリックしてメニューを出し、「対象をファイルに保存」をクリックしてファイルを保存してください。
単元指導計画・学習指導案ワード
準備テストPDF
授業プリントPDF
レポート課題PDF
 
  トップへ戻るこのページの先頭へ戻る  
 

3 関数でデュエル!その② ~最良の関数を見つけよう~

昨年度提案した、ゲームを通して二次関数を主体的に学習するための授業をもとに、前時の指導を付け加え、生徒が考える時間を充実させるなど研究を発展させた。与えられたルールのなかで、一人一人が二次関数の係数を決定し、その関数のとる値の大小でゲームを競う。必勝法やルールについて生徒が主体的に、さまざまな角度から考えることができ、数学的な思考を深めることができる。課題学習のテーマにもなる内容である。


  1. ※ファイルをダウンロードする場合は、アイコンを右クリックしてメニューを出し、「対象をファイルに保存」をクリックしてファイルを保存してください。
単元指導計画・学習指導案ワード
学習プリントXPS
 
  トップへ戻るこのページの先頭へ戻る