授業改善アクションプランメニューへ 授業改善アクションプランのメニューページへ戻る

学力向上推進事業・授業改善アクションプラン

芸術 書道

芸術科書道では、平成16年度に「表現力向上サポート委員会」を立ち上げ、以来、「表現と鑑賞の基礎的な能力を伸ばす」というテーマの下に研究を進めています。

  1. ※委員の先生方の一覧はこちらです。H26メンバー
  2. ※平成16年度から平成18年度の研究実績はこちらです。H16~H18
  3. ※平成19年度から平成21年度の研究実績はこちらです。H19~H21
  4. ※平成22年度からの研究実績はこちらです。H22~

<研究テーマ>

表現と鑑賞の基礎的な能力を伸ばす

  1.  1 4観点を取り入れた授業の実現
  2.  2 生徒が主体的に学習でき、基礎・基本を身に付けることができる授業の実現
  3.  3 授業内で生徒を評価する方法の具体化
  4.  4 評価から評定への具体的方法の確立
  5.  5 単元計画、学習指導案等の表現形式の改善

「生徒が自ら学び自ら考え、表現する力を身に付けるための教材を開発する。また、授業で活用できる多様な指導方法の研究開発を行う。」という目的のもと、授業展開の工夫や書道の魅力を生徒に伝えるために有効な方法などに重点を置いて授業研究を行いました。授業においての具体的評価規準と評価方法、状況Cの生徒への手立て、補助プリントや授業での工夫等について、利用しやすい事例となるようにしました。

以下に平成26年度の実践・研究を通した指導案や実践記録を掲載します。

書 道 Ⅰ

実際に実践した授業・指導を踏まえて改良を加えたものについて、更に検討し、生徒が書及び書道の魅力を理解できる授業、鑑賞能力を高めることのできる授業、主体的、体系的に基礎・基本を習得する授業について研究を深めた指導案や授業実践の記録です。活動の様子が分かるように、生徒の様子や作品の画像を取り入れ、また、生徒の感想を掲載しました。

  1. ※ファイルをダウンロードする場合は、アイコンを右クリックしてメニューを出し、「対象をファイルに保存」をクリックしてファイルを保存してください。
筆法を中心としてた行書の臨書指導
- 風信帳の臨書について -
指導案
参考資料
書くことで伝える批評会
- 友達と違う視点で見よう -
指導案
生徒作品