授業改善アクションプランメニューへ 授業改善アクションプランのメニューページへ戻る

学力向上推進事業・授業改善アクションプラン

数 学

数学科では、次の目的を実現するために、4人の委員で構成する授業改善委員会を立ち上げ、授業改善の研究を進めています。

<目 的>

数学的活動指導実践集などの成果を基に、新学習指導要領のねらいを具現する教材及び指導方法の研究・開発を行い、その成果を県内の高等学校に普及する。

  1. ※委員の先生方の一覧はこちらです。H26メンバー
  2. ※岐阜大学教育学部佐藤正寿助教にも委員に加わっていただき、いろいろと御指導をいただきました。

<平成26年度 研究実績>

平成19年度から平成21年度まで授業改善委員会において研究してきた「考える力を育成する数学的活動を取り入れた授業」の成果を踏まえ、平成22年度以降は、「生徒の主体的な活動を促し、数学のよさを認識できる課題学習」について、研究を行っています。

本年度は、特に「関心・意欲・態度」及び「数学的な見方や考え方」の評価規準を設定した数学的活動を位置付けた授業展開と評価について、研究を行いました。その成果を以下に掲載します。


1 関数でデュエル! ~最良の関数を見つけよう~

二次関数の値についてのゲームを通して、二次関数を主体的に学習するための授業を提案した。与えられたルールのなかで、一人一人が二次関数の係数を決定し、その関数のとる値の大小でゲームを競う。ルールを理解するほどに、必勝法やルールについて生徒が主体的に、さまざまな角度から考えることができ、数学的な思考を深めることができる。課題学習のテーマにもなる内容である。


  1. ※ファイルをダウンロードする場合は、アイコンを右クリックしてメニューを出し、「対象をファイルに保存」をクリックしてファイルを保存してください。
単元指導計画・学習指導案ワード
ルール説明パワーポイント
学習プリントPDF
 
  トップへ戻るこのページの先頭へ戻る  
 

2 "立体の中にできる立体"の体積を比べよう

正多面体から切り取られる正多面体はいくつも存在する。今回はその中でも、立方体から切り取られる正四面体と、正八面体について注目した。切り取られる立体の体積について、一辺の長さから体積を求めるのではなく、元の立方体との体積比に注目し考察することを目的としている。平面図形における三角形の面積比の求め方を活用し空間図形に応用することで、図形に対する直観力・洞察力を養いたい。立体模型を準備して実際に見せることで、空間図形の理解を大きく助けることができる。


  1. ※ファイルをダウンロードする場合は、アイコンを右クリックしてメニューを出し、「対象をファイルに保存」をクリックしてファイルを保存してください。
単元指導計画・学習指導案ワード
学習プリントPDF
 
  トップへ戻るこのページの先頭へ戻る  
 

3 方程式の整数解 ~アクティブラーニングの活用~

この実践では整数の性質を1単元にまとめ、全8回の授業について、アクティブラーニングを活用したグループワークを行った。アクティブラーニングとは教員が一方的な講義を行うという授業スタイルではなく、生徒が知識を学びとるための方法に主眼をおいた授業形態のことである。授業から得た内容を定着させるための有効な方法は「自ら体験する」「他の人に教える」「グループ討論」であると言われており、今回の授業においてもアクティブラーニングを活用することで、整数の性質について、数学的な深まりを目指したい。


  1. ※ファイルをダウンロードする場合は、アイコンを右クリックしてメニューを出し、「対象をファイルに保存」をクリックしてファイルを保存してください。
単元指導計画・学習指導案ワード
学習プリントPDF
確認テストPDF
 
  トップへ戻るこのページの先頭へ戻る