授業改善アクションプランのメニューページへ戻る 

 

学力向上総合推進事業・授業改善アクションプラン

数 学

 

 

 数学科では、次の目的を実現するために、5人の委員で構成する授業改善委員会を
立ち上げ、授業改善の研究を進めています。

<目 的>
  数学的活動指導実践集などの成果を基に、新学習指導要領のねらいを具現する
教材及び指導方法の研究・開発を行い、その成果を県内の高等学校に普及する。

※委員の先生方の一覧はこちらです。
※岐阜大学教育学部佐藤正寿助教にも委員に加わっていただき、
いろいろと御指導をいただきました。
 

<平成25年度 研究実績>

平成19年度から平成21年度まで授業改善委員会において研究してきた「考える力を育成する数学的活動を取り入れた授業」の成果を踏まえ、平成22年度以降は、 「生徒の主体的な活動を促し、 数学のよさを認識できる課題学習」について、 研究を行っています。

本年度は、 特に「関心・意欲・態度」及び「数学的な見方や考え方」の評価規準を設定した数学的活動を位置付けた授業展開と評価について、研究を行いました。その成果を以下に掲載します。 

 

 

 

1 二次方程式の解の和と差と積について 〜判別式、グラフとの関係を探る〜

 

ここでは二次方程式の2解の和、差、積についての研究を通して、二次方程式と解の公式及び二次関数のグラフとの関連を考える。対称式や交代式のひとつの応用としても捉えることで、その見方の広がりを実感させたい。発展的には、差積まで考察することにより三次関数の判別式やガロア理論にまでつながる内容である。グループ学習による生徒からの発見を大切にしたい。

ファイルをダウンロードする場合は、アイコンを右クリックしてメニューを出し、「対象をファイルに保存」をクリックしてファイルを保存してください。

 

単元学習指導案

学習指導案

学習プリント

 このページの先頭へ戻る

 

2 データの分析の活用 〜“商品の特徴”を上手にプレゼンテーション〜    

 

何らかのデータが与えられたとき、私たちは漠然とした直感ではなく、代表値などの数学的な指標を用いることで、客観的にそのデータを分析できる。この教材は「2つの会社の電池に関する寿命のデータ」という具体例を通して、それぞれのデータの代表値を求めることで、一人一人がデータを考察、分析して、仲間とともに理解を深めるのがねらいである。それぞれの商品の特徴をプレゼンテーションの形で発表し、互いに評価しあう活動を通して数学的な深まりを目指したい。

ファイルをダウンロードする場合は、アイコンを右クリックしてメニューを出し、「対象をファイルに保存」をクリックしてファイルを保存してください。

 

単元指導計画・学習指導案

学習プリント

 このページの先頭へ戻る

 

 事象の起こる割合と計算による確率の比較 〜数学的活動を充実させた授業〜

 

 この実践では確率の定義を再確認させ、先に学習した和の法則、積の法則や順列・組合せなどが、確率を計算するための手段として活用できることを再認識させるのがねらいである。そのため、様々な試行において結果を予想した上で、試行実験により得られた事象の起こる割合と、計算を通して得られた確率の値を比較、検証するという数学的活動をさせる。両者がほぼ近い値になることを体験させることで、確率計算の有用性の理解を図りたい。

ファイルをダウンロードする場合は、アイコンを右クリックしてメニューを出し、「対象をファイルに保存」をクリックしてファイルを保存してください。

 

単元指導計画・学習指導案
導入プリント
実習プリント

 このページの先頭へ戻る
 

 指数法則と情報化社会 〜IPアドレスの爆発的増加への対応を数学でみる〜 

 

 インターネット利用者の急速な増加により、インターネットの住所にあたる「IPアドレス」が爆発的に増加し、「IPアドレス」の枯渇が懸念された。この問題にどのように対応したのか数学的な観点から捉えるのが目的である。中学校までに簡単な指数法則を学習していることを踏まえ、ここでは、指数を有理数へと拡張して定義し、指数法則の確認を通して、天文学的な大きな数の扱いに役立つ指数の性質を理解させたい。一人一人が考察してその考えを交流する活動を通して、情報化社会における指数の有用性を感じさせたい。

ファイルをダウンロードする場合は、アイコンを右クリックしてメニューを出し、「対象をファイルに保存」をクリックしてファイルを保存してください。

 

単元指導計画
学習指導案
学習プリント

このページの先頭へ戻る