平成20年度 学力向上推進事業事業
授業改善推進プラン実践研究(教科指導)
教科名 音楽

小学校


第4学年 「ふしのとくちょうを感じ取ろう」

「音楽活動の中に意図的な言語活動を仕組むことを通して、児童一人一人の思いや意図を、主体的に表現する子を育てる授業の工夫改善」



資料1:本事例により改善した題材の指導と評価の計画案

資料2:本時の授業展開

意図的な言語活動を仕組むことで、児童が音楽を聴いて漠然と感じたものを具体的にし、思いや意図をもって表現できるよう工夫した実践です。

第4学年 「ふしのとくちょうを感じ取ろう」

「音楽のよさや美しさを感じ取り、自分の願いを表現する力をはぐくむ授業の工夫改善」

資料1:本事例により改善した題材の指導と評価の計画案

資料2:本時の授業展開

児童自身が感じ取った音楽のよさや美しさをもとに、主体的に学習に取り組めるよう、願う姿を明確にした課題の提示や相互の感じ方が交流できる手立てなどを工夫した実践です。

中学校

第1学年 「創作『○○のテーマ』を創ろう」

「歌詞の抑揚を手掛かりにして、意欲的に旋律創作に取り組むことができる授業の工夫改善」

資料1:本事例により改善した題材の指導と評価の計画案

資料2:本時の授業展開

音楽活動に苦手意識をもつ生徒も、楽しみながら旋律創作ができるよう、生徒が手掛かりとする条件の精選や示し方などを工夫した実践です。

第2学年 「声部の役割2」

「音楽の諸要素やそのはたらきを感じ取り、表現に生かすことのできる生徒を育てる年間指導計画の工夫」

資料1:本事例により改善した題材の指導と評価の計画案

資料2:本時の授業展開

資料3:ワークシート@

資料4:ワークシートA
「曲を仕上げる授業」から「曲のよさを味わう授業」となるよう、3年間の指導内容のつながりや、題材で扱う指導内容を明確にした実践です。

PDF

一太郎 

Word 

Excel 

PowerPoint 

html 

WindosMedia 

自己解凍書庫