平成19年度 学力向上推進事業事業
授業改善推進プラン実践研究(教科指導)
教科名 理科

小学校


第4学年 「水のすがたとゆくえ」

「科学的な見方や考え方がより定着し、実生活・実社会に関連付ける理科授業の創造」

資料1:本事例により改善した単元の指導と評価の計画案

資料2:本時の授業展開

資料3:単元指導計画(終末事象を位置付けたもの)

資料4:本事例で使用した教材

実生活との関連を図りながら、科学的な見方や考え方を育てる指導に取り組んだ実践です。

第5学年 「もののとけかた」

「科学的な見方や考え方が高まり、学んで得た力が実感できる理科の授業の創造」

資料1:本事例により改善した単元の指導と評価の計画案

資料2:本時の授業展開

資料3:観察、実験の様子

資料4:他の単元における条件制御の表作り

資料5:他の単元学習カルテ

条件制御を意識した観察、実験や考察により、見方や考え方の変容を実感できる指導に取り組んだ実践です。

第6学年 「大地のつくりと変化」

「科学する喜びを感じる理科学習の在り方」

資料1:本事例により改善した単元の指導と評価の計画案

資料2:本時の授業展開

資料3:露頭とそれぞれの地層
資料4:西洞の露頭について
資料5:特殊なボンドを使った地層の剥がし方
追究意欲を高め、見通しをもって事実をとらえることができる指導に取り組んだ実践です。

中学校

第1学年 「身のまわりの現象」

「実社会・実生活との関連を図り、科学的な見方や考え方を養う指導の工夫」

資料1:本事例により改善した単元の指導と評価の計画案

資料2:本時の授業展開

資料3:単元指導計画(実社会・実生活で体験する自然事象を導入で位置付けた単元指導計画の実例)

実生活との関連を意識した考察を大切にし、科学的な見方や考え方を育てる指導に取り組んだ実践です。

第3学年 「地球と宇宙

「一人一人が科学的な見方や考え方を高め、実感を伴う理解をするために、モデルを繰り返し使って考えることを重視した指導計画の改善」

資料1:本事例により改善した単元の指導と評価の計画案

資料2:本時の授業展開

資料3:教材・教具の工夫 太陽光照射装置

具体的なイメージをもつことができる教材・教具を活用して、科学的な見方や考え方を育てる指導に取り組んだ実践です。

第3学年 「エネルギー」

「『学びの実感』を生み出す理科学習の在り方」

資料1:本事例により改善した単元の指導と評価の計画案

資料2:本時の授業展開

資料3:学び合いのモデル

資料4:学び合いのモデルシート

生徒の実態把握をもとにした話し合いの組織を通して、見方や考え方の変容を自ら自覚できる指導と評価に取り組んだ実践です。

PDF

一太郎 

Word 

Excel 

PowerPoint 

html 

WindosMedia 

自己解凍書庫