平成19年度 学力向上推進事業事業
授業改善推進プラン実践研究(教科指導)
教科名 音楽

小学校


第3学年 「いろいろな音のちがいをかんじとろう」

「感受したことを児童が生き生きと自分の言葉で表現し、主体的に表現活動や鑑賞活動に取り組む授業への改善



資料1:本事例により改善した単元の指導と評価の計画案

資料2:本時の授業展開

                                      資料3:ワークシート第8時
                                      資料4:ワークシート第9時
児童が音楽を聴いて感じたことを、音楽の諸要素などの「音楽の言葉」で考え、
自分の言葉で表現できるよう工夫した実践です。

第4学年 「日本の音楽に親しもう」

「鑑賞・歌唱・器楽・創作の関連を図り、主題への意識を連続・発展させていく「日本の伝統音楽」の指導」

資料1:本事例により改善した単元の指導と評価の計画案

資料2:本時の授業展開

                                       資料3:ワークシート @
                                       資料4:ワークシート A
児童が、日本の音楽のよさを実感できるよう、表現と鑑賞の関連を図るとともに、 児童が題材のねらいを意識しながら学習を進めていけるよう工夫した実践です。

第6学年 「いろいろなひびきを味わおう

自分の思いや願いをもち、主体的、創造的に表現する子を育てる授業の工夫改善

資料1:本事例により改善した単元の指導と評価の計画案

資料2:本時の授業展開

                                        資料3:ワークシート
児童の表現に対する思いや願いが、確かな音楽的根拠に基づくものとなるよう、 演奏を聴く時の視点の与え方や表現への生かし方を工夫した実践です。

中学校

第1学年 「曲想から広がるイメージ」

「楽曲や楽譜から音楽の諸要素に着目して、音楽の特徴を聴き取ったり、読み取ったことを表現に生かすことができる授業への工夫改善」

資料1:本事例により改善した単元の指導と評価の計画案

資料2:本時の授業展開

生徒がもつ楽曲に対する素朴なイメージを、音楽の諸要素と関連付けて、音楽的な感受を深めることができるよう工夫した実践です

第2学年 「平調子の音楽をつくろう

「和楽器に魅力を感じ取り、その特徴を生かして創作表現するための、題材指導計画及び授業展開の工夫」

資料1:本事例により改善した単元の指導と評価の計画案

資料2:本時の授業展開

生徒のより主体的で創造的な創作表現を目指し、箏の音楽のよさを、奏法や音階(平調子)に焦点化して学習活動を仕組んだ実践です。

第3学年 「声部の役割と調和」

「一人一人が声を聴きあう大切さに気付き、全体の響きに調和させて演奏することができるようにするための題材指導計画及び授業展開の工夫改善」

資料1:本事例により改善した単元の指導と評価の計画案

資料2:本時の授業展開

生徒が自らの演奏を音楽の要素や楽曲の仕組みなどからとらえ、思考・判断することを大切にした実践です。

PDF

一太郎 

Word 

Excel 

PowerPoint 

html 

WindosMedia 

自己解凍書庫