授業改善のページへ戻る 

      学力向上推進事業・授業改善推進プラン

 

理 科


 長年、理科の研修講座では、理化研究会、生物研究会、地学研究会と協同して、理科教育の喫緊の課題について研究を行い、その成果を3年に1度のシンポジウムにおいて発表してきました。
 平成16〜18年度の3年間は、「学力向上プロジェクト授業改善」事業として研究を行い、平成18年度シンポジウムにおいて、その成果を発表しました。平成19年度からは「学力向上推進事業・授業改善推進プラン」として今日的な課題を考慮しながら、理科の授業研究を行い、今年度は3年間のまとめとして研究発表を行いました。
                    (平成20年度までの成果はこちらです) 












 

【参考・過去のシンポジウム研究テーマ】
平成3年度「科学的に探究する能力と態度を育てる理科指導の在り方」
      〜新学力観、探究活動、課題研究について〜
平成6年度「理科における環境教育の在り方」
      〜自然への関心、環境教育の推進について〜
平成9年度「自己教育力の育成を目指す理科教育の在り方」
      〜自己教育力の育成とその評価法について〜
平成12年度「生きる力を培う理科指導の在り方」
      〜一人一人の個性を生かした学習過程の創造〜
平成15年度「自然を総合的に見る見方や自然を探究する能力と態度を

       養う理科指導の在り方」
平成18年度「指導と評価の一体化を図った理科指導の在り方」

平成21年度「理科の本質的な課題や今日的な課題に対応する、自ら学ぶ意欲を高める理科指導法の研究」













 


 平成21年度は、19年度からの研究に引き続き、自然に対する関心や探究心を高め、科学的に探究する能力と態度を育てることを目指し、次のように研究テーマを設定し、それぞれの研究委員が実践をし、工夫を重ねました。
       
「理科の本質的な課題や今日的な課題に対応する、

自ら学ぶ意欲を高める理科指導法の研究」

<平成2年度 研究実績>                      

 物理、化学、生物、地学の各領域において、それぞれの研究委員がそれぞれの学校における課題を踏まえた授業研究を行い、それを事例として持ち寄り、研究を深めました。その結果として、次の2点について実践発表を行いました。
 1 「考」の実践 〜主体的に考えさせるには〜
 2 「実」の実践 〜実験・実物から興味・関心を高めるためには〜

以下に平成21年度の実践・研究を通してまとめた具体的事例を掲載します。

  今年度の研究委員

 

※ファイルをダウンロードする場合は、アイコンを右クリックしてメニューを出し、

  「対象をファイルに保存」をクリックしてファイルに保存してください。

「考」

主体的に考えさせるには

 

 

物理
 

1 問題文を読んで現象のイメージをもてるか

化学

1 総合学習 選択講座の化学実験について

  〜化学実験の基礎とは何か〜



2 生徒をやる気にさせる授業展開

  〜自ら学ぶ意欲を高める理科指導法の研究〜

 

生物



 

1 授業に「話合い」を効果的に取り入れる

  〜主体的に学ぶ理科教育を目指して〜

2 生徒同士の評価を主体的な学びへ



3 自ら考え、学ぶ意欲を高めるための授業展開例

〜実験考察を深めることによる学習意欲の向上〜



その他

1 見えないものに夢中になる体験

  〜科学的思考の育成と考える楽しさの追求〜

 

 

「実」

実験・実物から興味・関心を高めるためには

 

 

物理

 

1 2008TAKITA ROBOCON 校内ロボットコンテスト

  〜取組の様子と進路希望達成の関係〜

2 ソーラーパネルを題材にした課題研究

  〜今日的課題に対応し、自ら学ぶ意欲を高める理科指導法〜

3 自ら学ぶ意欲を高める理科指導法の研究

〜実験を通して、興味・関心を高める〜

 

化学

1 自ら学ぶ意欲を高める理科指導法の研究

〜新聞記事を利用した取組〜

 



生物



 

1 自ら学ぶ意欲と関心を高めるために

〜教室で行う授業で実物を見せる工夫〜



2 ブタの眼球の解剖

〜今日的課題に対する,自ら学ぶ意欲を高める理科指導法〜



3 主体的に学ぶ理科教育を目指して

〜実験を効果的に用いる授業〜



地学

1 水銀の代わりに水を用いたトリチェリの実験

  〜高度によって水面の高さは変わるのか〜

 

*元へ戻る