授業改善のページへ戻る
学力向上推進事業・授業改善推進プラン
芸術 書道

 芸術科書道では、平成16年度に「表現力向上サポート委員会」を立ち上げ、以来、「表現と鑑賞の基礎的な能力を伸ばす」をテーマに研究を進めています。
※委員の先生方の一覧はこちらです。
※平成16年度から平成18年度の研究実績はこちらです。
<研究テーマ>
 表現と鑑賞の基礎的な能力を伸ばす
  1 4観点を取り入れた授業の実現
  2 生徒が主体的に学習でき、基礎・基本を身に付けることができる授業の実現
  3 授業内で生徒を評価する方法の具体化
  4 評価から評定への具体的方法の確立
  5 単元計画、学習指導案等の表現形式の改善
<平成19年度 研究実績>

 平成18年度から継続して、「書道T」の鑑賞の分野の指導方法について研究を進め、具体的な評価の場面を設定して評価をしつつ、適切な指導援助を行うことにより、生徒が主体的に学習できる授業展開を考えてきました。
 
 以下に平成19年度の実践・研究を通してまとめた、授業の指導案を掲載します。
 書 道 T
 直観的鑑賞から分析的鑑賞への移行を通して、生徒が書の美の要素を理解できるよう、書の見せ方や術語の提示方法の工夫がなされた指導案です。
ファイルをダウンロードする場合は、アイコンを右クリックしてメニューを出し、「対象をファイルに保存」をクリックしてファイルを保存してください。
「生活の中の筆文字を鑑賞する」−漢字仮名交じりの書−
指導案
鑑賞カード等
鑑賞教材(学校間総合ネット専用)
「教育用コンテンツを活用し、鑑賞の能力を養う」−漢字仮名交じりの書− 指導案
プリント
「余白(字間・行間)の美、字形の美について鑑賞する」−漢字の書(楷書による学習)−
指導案
鑑賞カード
「身近な石碑を鑑賞する」−漢字の書− 指導案
「仮名の書と料紙の関係を鑑賞する」
−仮名の書−
指導案
鑑賞カード
(注意)1の鑑賞教材については、学校間総合ネット専用(閲覧のみ可能)です。

 このページの先頭へ戻る
<平成20年度 研究実績>
 生徒の実態に応じて行った授業改善報告を持ち寄り、授業の目標に対する具体的評価規準と評価方法、状況Cの生徒への手だて、板書事項や発問について特に議論を重ねながら、1時間の中に発見と感動のある授業を目指している書道の教師が、利用しやすい学習指導案について研究してきました。
 以下に平成20年度の実践・研究を通してまとめた、授業の指導案を掲載します。
 書 道 T
 具体的な評価の場面を設定して、適切な指導援助を行うことにより、生徒が書道の基礎・基本を主体的に身に付けることができるような授業展開を考えた指導案です。
ファイルをダウンロードする場合は、アイコンを右クリックしてメニューを出し、「対象をファイルに保存」をクリックしてファイルを保存してください。
「いろいろな形による表現(字形のデフォルメ)」
−漢字仮名交じりの書−
指導案
ワークノート
「生徒の意図と卒意に基づく1字書の創作」
−漢字の書−
指導案
「ワークノートを使った楷書学習」−漢字の書−
指導案
ワークノート(1)(2)
「折り帖に仕立てる多字数の臨書」
−漢字の書−
指導案
板書例
「仮名の書(初めて使う小筆のための導入指導)」
−仮名の書−
指導案
写真@〜K
(学校間総合ネット専用)
資料(かなの基本線いろいろ)
(注意)5の鑑賞教材については、学校間総合ネット専用(閲覧のみ可能)です。

 このページの先頭へ戻る