授業改善のページへ戻る
 
      学力向上推進事業・授業改善プラン
 
      理 科

長年、理科の研修講座では、理化研究会、生物研究会、地学研究会と協同して、理科教育の喫緊の課題について研究を行い、その成果を3年に1度シンポジウムにて発表をしてきました。
 また、平成16年度〜18年度の3年間にわたり、「学力向上プロジェクト 授業改善」事業として研究を行い、平成18年度シンポジウムにその成果を発表しました。

                    (平成18年度までの成果はこちらです)
 













 

【参考・過去のシンポジウム研究テーマ】
 平成 3年度  「科学的に探究する能力と態度を育てる理科指導の在り方」
            〜新学力観、探究活動、課題研究について〜
 平成 6年度  「理科における環境教育の在り方」
            〜自然への関心、環境教育の推進について〜
 平成 9年度  「自己教育力の育成を目指す理科教育の在り方」
            〜自己教育力の育成とその評価法について〜
 平成 12年度  「生きる力を培う理科指導の在り方」
            〜一人一人の個性を生かした学習過程の創造〜
 平成 15年度  「自然を総合的に見る見方や自然を探究する能力と態度を養う理         科指導の在り方」
 平成 18年度 「指導と評価の一体化を図った理科指導の在り方」
 













 
 平成19年度からはじめた「学力向上推進事業・授業改善プラン」においても、この各研究団体との研究体制を引き継ぎ、研究団体から推薦された研究委員によって研究をすすめることとしました。

(研究委員名はこちらです)

 自然に対する関心や探究心を高め、科学的に探究する能力と態度を育てることを目指し、研究テーマを

「理科の本質的な課題や今日的な課題に対応する、自ら学ぶ意欲を高める理科指導法の研究」

と設定し、物理、化学、生物、理科総合の各領域において研究を進めることとしました。
 
<平成19年度 研究実績>                      

 物理、化学、生物、理科総合の各領域において、以下の内容を踏まえた研究事例集を作成しました。
 1 読解力と表現力を育む取組
 2 実社会・実生活に結びついた効果的な理科の指導法の研究
 
以下に平成19年度の実践・研究を通してまとめた、具体的事例を掲載します。
 
※ファイルをダウンロードする場合は、アイコンを右クリックしてメニューを出し、
  「対象をファイルに保存」をクリックしてファイルに保存してください。

 1 読解力と表現力を育む取組

















 

科目名

           題  名          

 

















 

物理

 

1 生徒の読解力と表現力を育む取組



2 力の作図における誤答例の考察



化学

1 読解・記述・表現力の向上を目指した授業作り



生物



 

1 「すごいよシート」の活用



2 記述問題を通して用語の意味を理解させる



3 読解・記述力に関する事例



理科総合
 

1 生徒の読解力、表現力をどのように育むか

 



 



 

 2 実社会・実生活に結びついた効果的な理科の指導法の研究




















 

科目名

           題  名          

 




















 

物理

 

1 センサーなどで使われる高校物理



2 スターリングエンジンのPVグラフと熱効率の計算



化学

1 すぐにでも使える演示実験例



生物





 

1 実社会・実生活に結びついた効果的な理科指導法の
  研究


 


 

2 実社会・実生活に結びついた効果的な理科の指導法の  研究


 


 

3 生活の中の遺伝子



理科総合

 

1 使い捨てカイロを使った授業計画案

 


2 実社会・実生活に結びつけた効果的な理科指導法の
  研究


 


 
 
               このページの先頭へ戻る