授業改善のメニューページへ戻る

 

平成17年度 学力向上プロジェクト事業

授業改善プラン実践研究(教科指導)

 学習指導要領の趣旨を踏まえた教科指導の在り方を教科ごとに事例を通して研究し、県内の各小・中学校の教科指導の充実を図るとともに、児童生徒に「確かな学力」が定着することを目指しました。
 また、「岐阜県における児童生徒の学習状況調査」等を基に、実態を把握し授業を改善することに努めました。

| 国語 | 社会 | 算数、数学 | 理科 | 生活 | 体育、保健体育 | 音楽 | 図画工作、美術 | 家庭、技術・家庭 | 外国語 |

                            

教科名 家庭、技術・家庭

 

 

小 学 校

第5学年 「わくわくソーイング」

タイトル  実感を伴って基礎的・基本的な内容の確実な定着を図る指導

    〜技能の確実な定着を目指した教育用コンテンツの開発を通して〜

資料1:本事例により改善した単元の指導と評価の計画案

資料2:本時の授業展開

資料3:事前アンケート

                                   資料4:ミシンの使い方 動画

 

                                  資料5:ミシンの使い方 静止画

 

                                     資料6 学習プリント@A

                             資料7:さらしを使った教材<ふきん作り>

資料8:ふきん見本、児童作品例

第5学年 「快適な住まい方を考えよう」

タイトル  実感を伴って基礎的・基本的な内容の確実な定着を図る指導

         〜専門性を生かした多様な人材の活用〜

資料1:本事例により改善した単元の指導と評価の計画案

資料2:本時の授業展開

資料3:授業の様子

資料4:校区の電気屋さんから学ぼう

資料5:地域のお年寄りから学ぼう

資料6:校内の保健の先生から学ぼう

資料7:実践カード

資料8:事前アンケート

資料9:学習計画表

資料10:学習プリント

第6学年 「金銭や物の使い方を考えよう」

タイトル  実感を伴って基礎的・基本的な内容の確実な定着を図る指導

 〜買い物シミュレーションとグループでの話し合い活動を取り入れた授業を通して〜

資料1:本事例により改善した単元の指導と評価の計画案

資料2:本時の授業展開

資料3:実態把握のためのアンケート

資料4:アンケート結果

資料5―(1):使用したノート

資料5−(2):使用したけしゴム

資料5−(3):使用したけしゴムのスリーブ

資料6:学習プリント

資料7:扱った品質表示

中 学 校

 

 

 

第2学年 「ロボットコンテスト」 技術とものづくり(5)

タイトル 実感を伴って基礎的・基本的な内容の確実な定着を図る指導

〜生徒の創意・工夫が設計・製作に生きる教材・教具の活用を通して〜

資料1:本事例により改善した単元の指導と評価の計画案

資料2:本時の授業展開

資料3:開発した教材資料、学習カード

第2学年 「プログラムによるロボット制御」 情報とコンピュータ(6)

タイトル 実感を伴って基礎的・基本的な内容を確実に定着できる指導

        〜応用ソフトウェアのマクロ機能を活用した制御の学習を通して〜

資料1:本事例により改善した単元の指導と評価の計画案

資料2:本時の授業展開

資料3:開発した教材資料、学習カード

資料4:制御関係資料(エクセルソフト、制御の仕組み・ソフト使用方法等)

 

第1学年 「自分でできる!衣服の手入れ」 生活の自立と衣食住(3)

タイトル 実感を伴って基礎的・基本的な内容を確実に定着できる指導

      〜つまずきを援助する教育用コンテンツの開発を通して〜

資料1:本事例により改善した単元の指導と評価の計画案

資料2:本時の授業展開

                                 資料3:まつり縫いの模型の作り方

                                    資料4:まつり縫い 動画

 

                       資料5,6:補助線のついた布と筒状になった布の作り方

 

PDF

一太郎 

Word 

Excel 

PowerPoint 

html 

WindosMedia 

自己解凍書庫