学力向上プロジェクト授業改善
芸術 書道

 芸術科書道では「表現力向上サポート委員会」を立ち上げ、次の諸点について研究を進めています。
 ※委員の先生方の一覧はこちらです。
<研究テーマ>
 表現と鑑賞の基礎的な能力を伸ばす
  1 4観点を取り入れた授業の実現
  2 生徒が主体的に学習でき、基礎・基本を身に付けることができる授業の実現
  3 授業内で生徒を評価する方法の具体化
  4 評価から評定への具体的方法の確立
  5 単元計画、学習指導案等の表現形式の改善
<平成16年度 研究実績>
 今年度は「書道T」において、授業実践と研究を行いました。研究成果を以下に掲載します。
 芸術科書道の授業ではこれまでも生徒一人一人の実態に応じた評価とそれに基づく指導・援助がなされてきました。今回の研究ではそれらを一層深め、また、観点別の評価、年間指導計画・単元の計画についてもあわせて研究しています。

 以下に平成16年度の実践・研究を通してまとめた、授業の指導案を掲載します。

 書 道 T
 教材観・生徒観を明確にし、具体的な評価の場面を設定して評価をしつつ、指導と評価の一体化を目指した授業展開を考えました。
ファイルをダウンロードする場合は、アイコンを右クリックしてメニューを出し、「対象をファイルに保存」をクリックしてファイルを保存してください。

「漢字仮名交じりの書」−書写から書道へ−
「漢字仮名交じりの書」「漢字の書」−いろいろな線による表現−
「漢字の書」−楷書の学習−
「漢字の書」−行書の学習−
「仮名の書」−仮名の基本的な筆使いの練習−
 このページの先頭へ戻る


<平成17年度 研究実績>
 平成16年度から継続して、平成17年度も「書道T」において、授業実践と研究を行いました。研究成果を以下に掲載します。
 平成17年度はITを効果的に活用した指導についても研究し、また鑑賞の分野にも目を向け、鑑賞で得られた表現上の特徴を自己の表現に生かすための指導方法についても研究してきました。

 以下に平成17年度の実践・研究を通してまとめた、授業の指導案を掲載します。

 書 道 T
 具体的な評価の場面を設定して評価をしつつ、生徒が主体的に学習でき、基礎・基本を身に付けることができる授業展開を考えました。
ファイルをダウンロードする場合は、アイコンを右クリックしてメニューを出し、「対象をファイルに保存」をクリックしてファイルを保存してください。

 思いきり書こう −「漢字の書」 大字書の制作−
 ITを活用して、印刀の使い方を学習しよう
 表現力の向上を目指した拓本の鑑賞
 このページの先頭へ戻る

<平成18年度 研究実績>
 平成16年度から継続して、平成18年度も「書道T」において、授業実践と研究を行いました。研究成果を以下に掲載します。
 平成18年度は鑑賞の分野の指導方法について研究を進めてきました。

 以下に平成18年度の実践・研究を通してまとめた、授業の指導案を掲載します。


 書 道 T
 具体的な評価の場面を設定して評価をしつつ、適切な指導援助を行うことにより、生徒が主体的に学習できる授業展開を考えました。
ファイルをダウンロードする場合は、アイコンを右クリックしてメニューを出し、「対象をファイルに保存」をクリックしてファイルを保存してください。

「岐阜県在住の書家」から学ぼう −鑑賞−

生活の中の書から書の美しさ・表現効果を探る −鑑賞−



仮名の美 古筆から学ぶ −鑑賞から表現へ−



 このページの先頭へ戻る