岐阜県総合教育センター
柿

学校評価・情報提供の充実・改善に向けた取組に関する事業

平成23年度 文部科学省委託事業

学校評価・情報提供の充実・改善等に向けた取組に関する事業

<事業の目的>

  生徒がより良い教育を受けることができるよう、学校が自らの教育活動等の成果を不断に検証し、学校運営を改善することを通じてその教育水準の向上を図ることが必要です。また、学校運営の質に対する保護者等の関心の高まりに応え、適切に説明責任を果たすとともに、保護者、地域住民等から理解と参画を得て、学校・家庭・地域の連携協力による学校づくりを進めることが期待されています。 このため、学校の教育活動その他の学校運営の状況について評価を行い、その結果を踏まえて学校が自校の学校運営の改善を図るとともに、その評価結果等を保護者等に積極的に説明・情報提供していくことが必要となります。
  この事業は、文部科学省から委託を受け、学校評価及び学校に関する情報提供についての具体的な在り方等について、県内の高等学校に調査・研究を依頼し、その成果を普及することにより、学校評価等の充実・改善に資することを目的としています。
  具体的な研究は次の3点です。
  • 学校の形態に応じた効果的な学校評価に向けた、生徒及び保護者等を対象とするアンケートの質問項目や内容の見直し及び検証
  • 「学校マニフェスト」の作成・公表に向けた、自己評価及び学校関係者評価の評価項目・指標等についての見直し及び検証
  • 研究指定校の活動を通して、学校評価システムを活用し、保護者、地域住民等から理解と参画を得て、学校・家庭・地域の連携協力による特色ある学校づくりを進めるための実践例の提示
  これらの研究成果を受け、県教育委員会がまとめた学校評価に関するリーフレットを公開します。関係諸機関で参考にしてください。なお、各校でまとめられた報告書については、該当校のホームページで公開しています。

<研究成果>

リーフレット「学校改善につながる実効性のある学校評価の充実
〜学校評価システムを活用したPDCAサイクルに基づく学校改善の推進に向けて〜」

右図をクリックしてください。リーフレット(PDF)の内容を見ることができます。→

<研究指定校の研究実践報告書>*各高等学校のホームページにリンクしています。

平成23年度研究事業